新年のご挨拶

newyear
あけましておめでとうございます。
初詣前にアトリエにてゆるやかに仕事を開始し
休んでいると何か作業したくなる
今年も出来る事と挑戦をコツコツ積み重ねる一年にしようと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとって素敵な一年になりますように。

P.S.着物を着て神田明神でお参り後
天野屋で甘酒&お土産に芝崎納豆購入。
いつもの感じでスタートです♪

hatu

2016-01-06 | カテゴリー : days | 投稿者 : lissita

熱帯環境植物館

10月の出展も終え
次の日からすぐまた仕事に取り組んだのですが
燃え尽き症候群の様にもぬけの殻になってしまったので
板橋にある【熱帯環境植物館】へ行ってきました。
高島平駅から徒歩ですぐ。
初めておりる駅はワクワクします♪
ita9
外からも
びっしり見える植物。

入り口で地図を渡されるのですが
ちょっと良く解読できなかったのでとにかく道順に進むことに。
PhotoGrid_1446017069679
まずは小さな水族館。
地味なセレクトながら
誰もいないのでゆっくりお魚と遊べます。

そして熱帯低地林エリアに突入。
ゆるやかな坂をのぼりながら
ジャングルを歩きます。

ita2

 

フルーティーな香りがすると思ったら・・・ita5

これ。
パパイヤとパイナップルの香りみたいな。
手にとって香りを楽しめるようになっています。

 

ita4

ita8

ita7ita3

「お花が咲いてるよ」「実がなってるよ」など
お知らせがそこらじゅうに書いてあるので
とても見やすいです~
イランイランのお花の香りが
最高に夢のようだったなあ。
自然の香りはアロマオイルとはぜんぜん違った。
もっとささやかでずっとふんわり。
ita1
2階からは
ジャングルを見下ろして眺めるようになっていて
美しかった。
今にも青い鳥が飛んできそう・・・
この階には靴を脱いで
ソファーに座ってゆっくりできるリラックスルームがあって
小さい子供達が遊んでいる声をBGMに
まったりお茶しながらクラゲなどを観察できます。
手作り感があふれてて
色々工夫されている。

ita10

もう一度ジャングルへ戻るとまだ行っていないエリアを発見。
バリ島風?の小屋。
でもハロウィンの飾りもあって
カオス・・・
滝の流れる音がしていて
「あ~旅に行きたい」とそうとう長い時間ボーッとして過ごしました。

すっきり。
パワーチャージできました!
生き物に触れると
元気になります~

2015-11-01 | カテゴリー : days | 投稿者 : lissita

鎌倉、長谷をおさんぽ

鎌倉のお取引店shironekoさんが7月に移転されました。
新店舗は大正時代に建てられた小さな家と聞き
「これはますます伺わねば!」
ということで、おじゃましてきました♪

長谷駅から徒歩4分
御霊神社の参道にある有名な老舗和菓子屋【力餅家】の斜め前。
kam2
ここを右折すると直ぐ右手にshironekoさん。
手間に井戸がある路地奥です。

kam14
隠れ家的雰囲気ですが
入ってみるととても落ち着く空間で
ゆっくりと商品をごらんいただけます。
kam10
ラッキーなことに
看板娘猫のしろちゃんにも会えました。
窓からの明るい光に照らされた作家物の食器達。kam12
食器好きにはたまらない~
kam13
kam11
食器と内装とおしゃべりとしろちゃんに夢中で
うっかりLissita商品写真を撮り忘れてしまった・・・
なんでしょ
鎌倉に来ると仕事を忘れて遊びたくなります・・・
オーナーさんの居心地のよい店舗作りに
とても癒されました。
引き続き、新商品も納品予定です♪

【現在発売中のOZ magazine TRIP
「鎌倉路地裏さんぽ」のページに掲載されています】

そしてshironekoさんの直ぐ近くに
手ぬぐいカフェ一花屋があります。
 kam7
玄関入ると手ぬぐい販売コーナー。
奥はゆったり広めの古民家カフェです。
kam8
お庭を眺めながらの季節野菜とマコモダケのカレー。
酸味とクミンのきいた体に優しい系のお味でした。kam5

お庭を猫ちゃんが横切る・・・
観光エリアからすぐなのに
ゆったりとした時間がながれる贅沢な一時です。
雨の日にも良さそう。
ネットで見た酒かすレモンケーキも今度は食べてみたいな。
日本家屋なのに
どことなーくヒッピーな印象が不思議です。kam9

そそくさと
アトリエに戻って一仕事~と歩いていると
路地の向こうが海!

kam3

思わず駆け寄って
しばらく海を眺めました。
は~気持ちいい。
曇りの日のどんよりな海が好きです。

kam1

お土産は鎌倉駅レンバイ前のイルドショコラの貝殻の形のパイ。
shironekoさんで購入したAtelier Su-Coさんのブローチ
お皿も素敵だったなあ。
kam4

2015-10-06 | カテゴリー : days | 投稿者 : lissita

川崎工場夜景屋形船クルーズ

工場が立ち並ぶ風景は
なんだか見ているだけで興奮する。
巨大建築がそもそも好きだけれど
工場の建物は物を作り出す巨大ツールという部分に
機能美を感じる。

いつか
海の側からも見てみたいなと思っていたので
川崎から出ている屋形船クルーズに参加してきました。

P1100405

夕日がしずみかけるマジックアワーに出港。
「わあ~」と窓を開けてカメラを構えると
周りのおば様たちがお弁当を広げ始める。
予約の際、満員で「若い方に人気なのかな?」と思ってたら
想像以上に全体の年齢が高めでした・・・
TVで宣伝しているのかしら?
(TV持ってないのでわからない・・・)

P1100408
むーーん
かっこいい!!!
添乗員さんがずっとマイクで説明してくださって
それも分かりやすくて良かったです。
一人ボケツッコミが安定の塩梅。
P1100409

ルーフにも上って見学して良いとのことで
よじ登ってきました。
パイプの手すりにつかまって
強風にあおられながらの風景。
写真はぶれまくりです・・・
髪も服も,もみくちゃの塩風でベトベトです。
でも開放感たるや~最高!

P1100412

P1100413
夏の空の色。
本当に不思議で綺麗でした。
P1100414

なんでこんな不思議な形なんだろう・・・
なにか理由があるのだろうけれど
「きっとこう使う」という予想すらできない
謎の建築物たち。
「AKIRA」のネオ東京に入り込んでしまったよう。

日が沈み
また違った風景が現れます。

P1100430 P1100435
写真ではきちんと写せなかったけれど
ブルームーンの次の日だったこともあり
とても妖艶な月。
デパートで売っている様な高級卵の黄身みたいで
食べたら絶対美味しいだろうと
なんだか納得したのでした。
P1100445 P1100451

火力発電所や東京ガスなどの工場もあり
水蒸気や炎がゴーゴーと煙突から噴出しています。
思った以上にキャミカル臭。
P1100455 P1100461
2時間の長めクルーズなので
全体の雰囲気もゆったりで
質問があれば気軽に聞ける自由な感じが良い♪
冬は寒そうだけれど
もっとクリアーに見えるかも・・・と
次は冬に企画して行こうと思います。

2015-08-05 | カテゴリー : days | 投稿者 : lissita

着物でほおずき市

10代、20代をヨーロッパで暮らしていた時
日本に帰ったらやりたい事リストの上位に
「着物を自分で着れる様になる」がありました。

そして友人の紹介で
自由が丘にあるとても素敵な着付け教室に通うことができました。
板羽きもの教室

最近はなかなかお教室に行けていないのですが・・・
イベントがあると お着物で出かけます♪

P1100372

浴衣ではなく
夏着物を着こなした女性達の集団は さすがに目立っていて
よく話しかけられました。
ちょっと恥ずかしい・・・

P1100368

先生方のお姿は
さすがに絵になるわ・・・うっとりする。

P1100350

7月10日に参拝すると、
4万6千日お参りしたのと同じご利益があるとされ
古くからこの日の参拝も盛んなのだそう。
参拝後、
この日のみ売られているお守りを購入して
ほおずき市を散策~

P1100354

P1100366

P1100365

P1100364

P1100363

P1100362

 

どこのお店もそこまで大きな違いはないようだったので
「インスピレーションで選ぶと良い」というお言葉を参考に
ちゃきちゃきした女性お二人のお店で購入。
いい感じ♪

P1100360

雨だというのに
一切乱れていない着こなし。
思わずパチリ。
私は八咫烏柄の夏着物でした。
皆さんに「サッカーの!」と言われてしまいましたが
そうではなく「太陽の神様だから雨が止むかと思って」だったのですが・・・

大雨でしたね。

そしてお楽しみの
うなぎ「つるや」へ

1436445607676

ふわっと
江戸前なうな重。
ちょうど低糖質の生活をおくっていて
一ヶ月ぶりのお米だったので
旨み染み渡りました。
炭水化物最高。

P1100376

 

帯の結び方研究に
写真を撮りあってきゃっきゃ。

P1100375

 

着物は洋服に比べたら
準備もお手入れもとても大変ですが
着た時の高揚感はなかなか洋服では得られないと感じます。

布自体が既にアートで
それを着ることが出来る幸せたるや。
着物の着付け師や教授とはいわなくても
何か着物に関することに関わってゆきたいのだなあと
思いました。

2015-07-30 | カテゴリー : days | 投稿者 : lissita

ウルトラ植物博覧会

昔から不思議な形の植物をみると
わくわくして
いてもたってもいられなくなるのですが
銀座のポーラミュージアムアネックスにて
魅惑的な展示が行われていたので
早速行ってきました。

「ウルトラ植物博覧会」西畠清順と愉快な植物たち
P1100349
てっきり写真展だと思っていたら
プラントハンター清順氏が世界中から集めてきた
本物の不思議植物たちが所狭しと展示されています。
P1100333

Dioscorea elephantipes
にょにょにょきっ
なんとも愛らしい形に
笑いがこみ上げてきます・・・
P1100336

Brainea insignis
なぜこの形になったのだろうか。
P1100338

Citrus medica ‘Sarcodactylis’
枝にしがみついている
黄色い宇宙人みたいだが
“ 不老不死の珍果 ” としてインドから中国を経て日本に伝わった柑橘類だそう。
食べれるのか・・・驚き

P1100342
Adenium arabicum

P1100343
Yucca rostrata
イエッティを思わせる
もじゃもじゃ

P1100344
Selaginella tamariscina
これはなんともわけがわからない。
推定樹齢100年!
人格が備わっているのでは???

P1100346
Senecio sp. ‘Cristed’
一番のお気に入りはこちら。
こんなジュエリーがあったら
ぜひ欲しい。
ものすごく刺激を受けました。

P1100347
Pachypodium enigmaticum
うさぎ・・・?

P1100348
Fockea edulis
和名:火星人
納得のネーミング・・・

P1100332
Myrciaria cauliflor
きっと美味しそうだけど食べたら猛毒系の果物かと思ったら
とても美味しいのだそう。

大雨の日に行ったため
人も少なく、
じっくり眺めながら
妄想爆発の良い時間が過ごせました。
8月16日まで開催中です。
ここまで珍しい植物を銀座のど真ん中で見れることは
めったに経験できるものではないので
お勧めの展示会です♪

2015-07-29 | カテゴリー : days | 投稿者 : lissita